幅広く購入希望者を探すために結ぶ媒介契約

媒介契約とは

家と硬貨

仲介依頼時に結ぶ契約

媒介契約とは不動産会社に売却や購入を依頼する際に結ぶ契約です。3種類の契約形態があり、依頼主を選択することができます。媒介契約の締結により、正式な売買仲介の契約が結ばれます。ジョホールバル不動産でもこの媒介契約が結ばれた際に、依頼主と不動産会社の権利と義務が発生します。

専属専任媒介契約

特定の不動産会社を選んで、この1社に仲介を任せる契約です。そのため、他の不動産会社に依頼を重ねることができません。特徴は、不動産会社は1週間に1回以上の売却活動を依頼主に報告することが義務されています。ただし、依頼主は購入希望者を自分で見つけることはできない契約となっています。

専任媒介契約

上記の専属専任媒介契約と同様に、特定の不動産会社にのみ仲介を任せる媒介契約です。専属専任媒介契約との違いは、他会社への依頼はできないことは共通ですが、購入希望者を自分で見つけることができるのが専任媒介契約です。

一般媒介契約

売買の依頼を複数の不動産会社に重ねて依頼することができるのが一般媒介契約です。不動産会社に売却活動の報告義務はありませんが、契約の有効期間が無く、購入希望者を依頼主が自分で見つけることができる契約です。

指定流通機構とは

専属専任媒介契約と専任媒介契約には、指定流通機構への登録義務があります。重ねて依頼ができない二つの契約では、売買活動に限界があります。そのため、指定流通機構と呼ばれる情報ネットワークに登録し、広い範囲で購入希望者を募ることができます。一般媒介契約には登録義務はありませんが、任意での登録が可能です。